ここでは私の簡単な自分史を披瀝します。
「プチこもり挑戦記」に、より共感と親しみを持って頂けるようになったら、
とても嬉しく思います。

しかし・・・さすがに恥ずかしいです。こっそり(?)読んで下さい。

第一章 神童という名の不幸
第二章 生徒会長は人間嫌い
第三章 登校拒否と河原と図書館
第四章 レールから降りるということ
第五章 モラトリアムと呼ばないで
第六章 貯金して独立開業?
第七章 未練が私を追い詰めた
現在章 そこにあるもの