ネットビジネス

言うまでもありませんが、自分の部屋でパソコンと向かい合うだけなので、
これ以上の「一人でできる仕事」というのは、絶対に有り得ません。


しかも、月数十万円~数百万円の収入を得ることができる可能性があるのですから、
ランキング2位の新聞配達(朝刊・チラシ折込なし)などに比べて、
他の人間関係が発生する仕事をしなくて済むような状態を狙うことができます。


たかぽんから言わせてもらえば、
「他人や人間関係が苦手」と認識しているにも関わらず、
アフィリエイトを始めとしたネットビジネスに一切取り組まないというのは、
もう完全に矛盾しています。


「怪しい」「信用できない」という言い訳は、
レビュー一覧でたかぽんが高い評価をしている教材を最低3カ月程度、
実践してから言って下さい。


はっきり言って、ラクではありませんが、
得られる果実はあまりに大きいです。


私達にとって、これ以上の道はありませんよ?



新聞配達(朝刊・チラシ折込なし)

深夜~早朝にかけて、誰もいない街の中を、
一人バイクで疾走して終えることができる、何とも美しいお仕事。
ネットビジネス以外では最強の「一人でできる仕事」ですね。


新聞をバイクに積み込むまでは、
他の配達員の方と同じ場所(新聞販売店)で作業しなくてはなりませんが、
基本的にみんな自分の担当の区域の新聞を黙々とバイク積み込んでいるだけなので、
たいしたコミュニケーションは発生しません。


元々、人間関係が苦手が人が働いている場合が多いのもポイント高いですね。
似たのも同士、あまりストレスを感じずに仕事ができます。


雨や冬の寒さなどに耐える必要はありますが、
そんなものは「人間関係の嵐」に比べたら、屁でもありません。
私達なら耐えられるでしょう。


ただ、朝刊の配達だけで生活できる収入を確保することはできないので、
何かしら他の仕事をしなくてはならないのが、唯一にして最大のデメリットです。


夕刊も担当したり、正社員という形で働くとなると、
もはや一人でできる仕事とは言えなくなってきます。
朝刊配達のアルバイトとは別物と考えて下さい。



研究補助(派遣社員)

たかぽんがリアルで経験した仕事の中で、
意外に「一人度」が高かったのが、研究所での研究補助という派遣の仕事です。

(別の記事で触れますが、基本的に正社員はお勧めしていません。
 ・・・って、研究所の正社員なんて、なかなかなれませんが。 )


これは配属される部署や仕事内容、担当上司との相性など
かなりの不確定要素を含みますが、
基本的に研究所での作業って、一人でやるものが多いです。
黙々とデータの計測をしたり、検査をしたり。


工場などの生産現場ではどうしても他人との共同作業が多いですが、
研究所だと一人でする作業の割合が高くなります。


クリーンルーム内の作業だとさらにベストですね。
私は視線恐怖や赤面症を抱えているので、
クリーン服で全身を覆われると、ものすごい安心感を得られるんです。
クリーンルームは、本当に良いですよ。お勧めです。


また、研究所で働いている人は、基本的に知的なジェントルマンが多いので、
人間関係のストレスがかなり軽減されます。


デメリットは派遣であるがゆえに、不安定であるということ。
いつ契約更新が止まるか分かりませんからね。
それをカバーする意味でも、
ランキング1位のネットビジネスは絶対に実践しておいて下さい。