始めにもう一度おさらいしておきますと、
アフィリエイトとは・・・



あなたのサイトやブログ、メルマガ内において、
モノやサービスの広告を掲載して、
それが売れた場合のみ、成果報酬が支払われる仕組みです。
100%歩合制の広告代理店とイメージして下さい。




いや、ちょっと待てよ・・・



広告というと、
新聞の折り込みチラシや、テレビのCM、
街頭にある看板などを連想してしまって、
かえってイメージが湧かないかもしれませんね(汗)



もうちょっと具体的に説明していきます。



例えば、たかぽんがお勧めしている教材に、
「アンリミテッドアフィリエイト」というものがあります。



これを「アンリミテッドアフィリエイト」と、リンクを張った状態で紹介したとします。
このリンクにはトラッキングIDと言って、
たかぽんからの紹介であるという印(しるし)が組み込まれています。



もし上記のリンクからあなたがアンリテッドアフィリエイトを購入した場合は、
私にアフィリエイト報酬が発生することになります。



このように、
「自分のサイトやブログ、メルマガに広告を掲載する=アフィリエイトする」
ということは、
つまり上記のような
あなた自身のトラッキングIDが組み込まれたリンクを掲載するということです。
このリンクを「アフィリエイトリンク」と呼びます。




アフィリエイトリンクは
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)で取得することができます。



ASPとは、広告を出したい企業や個人(広告主)と、
広告を掲載したい企業や個人(掲載者)を結ぶポータルサイトみたいなものです。
図にするとこんな感じです。







実際にどのようなASPがあり、
具体的にどうやってアフィリエイトリンクを取得するか、については、
また別の機会に詳しく解説するとして。



とりあえず、アフィリエイトとはそういうものである、と。



では次に・・・



一言でアフィリエイトと言っても、その種類は様々です。
使用するASPで分類したり、広告を掲載する媒体で分けたり、
いろいろな分類方法がありますが、
一般的によく知られているアフィリエイトの種類と特徴をまとめてみました。



かなり長くなりますが、
ちょっと辛抱して、まずはざっと目を通してみて下さい。



当たり前ですが、
どんなアフィリエイトがあるかを知らなければ、
自分が実践していくアフィリエイトを選択することはできません。




このページの次に、いよいよ
あなたに適したアフィリエイトをご案内していくことになるので、
ここ、頑張りどころです。




では、いきます!



【使用するASPによる分類】

一般的な呼称 特徴

楽天アフィリエイト


楽天市場の5,000万以上の幅広いジャンルの商品やサービスからあなたの好きなアイテムを選んでアフィリエイトすることができます。



最大の特徴は、クッキー(Cookie)が30日間有効であること!



例えば、あなたがという商品のアフィリエイトリンクをブログに掲載していたとします。



そしてそのブログを訪れたZさんが、そのリンクを踏んで楽天市場内のの販売ページに行ったとします。しかし、そこでは実際に買い物をしませんでした。



数日後、Zさんはあなたのブログを経由しないで、自分で直接楽天市場のページに行き、あなたがまったくブログに掲載していない商品Bを購入しました。


・・・なんと!
これでもあなたは商品Bのアフィリエイト報酬を得ることができるのです!



あなたが紹介した商品でなくても、一度あなたのアフィリエイトリンクを踏んだ人が、30日以内に楽天で買い物をすれば、あなたは報酬を受け取ることができるのです。



これがクッキーの威力です。(途中で他の人のアフィリエイトリンクを踏んだらダメですけどね。)



つまり、ぶっちゃけて言ってしまえば、楽天アフィリエイトにおいては、実際に商品を売ることよりも、とにかくアフィリエイトリンクを踏んでもらうことが最重要ということになります。



直接成約に結び付けなくてはいけない「ASPアフィリエイト」よりも、はるかに難易度が低いことから、初心者に人気が高いです。



ただし、報酬率は販売価格の1%が基本なので、ある程度まとまった収入を得ようと思ったら、たくさんのサイトを量産しなくてはならないのが最大のネック。



アマゾンアフィリエイト


アマゾンで販売しているおよそ1000万点の商品をアフィリエイトすることができます。単純に商品数だけ見れば、楽天の5分の1ですし、クッキーもたったの24時間。



しかし、紹介料は3.5~8%と楽天の1%よりはるかに高く、サイトの販売力や信頼性も楽天を上回っていることから、売り上げに結び付けやすく、人気が高いアフィリエイトです。



ただし、楽天アフィリエイト同様、基本的にサイトを量産しないと、まとまった金額を稼ぐことは難しいです。


ASPアフィリエイト


主に、A8.net やアクセストレード、トラフィックゲート、アフィリエイトBなどのASPで扱っている商品やサービスをアフィリエイトします。



楽天やアマゾンに比べ、1件当たりの報酬額が数千円~数万円のものが多数あるのが最大のメリットですが、実際に成約させるためにはある程度の経験やスキルが要求されます。



ライバルも多いので、一般的に、まとまった金額を稼げるようになるためには数カ月~半年程度はかかると言われている。



ただし、一度コツを掴み、実力が伴ってくると、一気に大きな金額を稼ぐことができる可能性が高いです。実際、アフィリエイトで大きく稼いで会社を設立したりするのは、ASPアフィリエイト出身者が多いです。



たかぽんも主戦場をここに移しつつあります。



ドロップシッピング


自分で在庫を持つことなく、商品が販売できる。一見、アフィリエイトと同じような仕組みに見えるが、販売価格が決められるなど、自由度が高い。



在庫を持たないネット上のセレクトショップとイメージすると分かりやすい。



アフィリエイトは販売サイトにアクセスを流すだけですが、ドロップシッピングでは形式上、あなたのお店が販売している体裁を取ります。



アドセンス


ネット界の神?グーグルが提供する広告配信サービス。ブログやサイトの内容にマッチした広告が自動的に表示され、それがクリックされただけで数円~数百円の報酬を手にすることができる。



自分で何かを売ろうとしなくても収入が発生するので、初心者が取り組みやすい。たかぽんも最初にネットで稼ぐことができたのはアドセンスでした。



ただし、規約の厳しさは有名で、いきなりアカウント削除をされて、収入がゼロになってしまうというリスクを常に孕んでいることは、絶対に忘れてはいけません。





【広告を掲載する媒体による分類】
一般的な呼称 特徴

PPCアフィリエイト


グーグルでもヤフーでも、検索エンジンの検索結果の一番上や、右サイドの位置に広告が出ます。私達のような個人でも掲載することができるので、そこから自分のサイトやブログに訪問者を誘導することで、アフィリエイトの成約を狙います。



たとえば、ヤフーで「年賀状印刷」と検索すると、下図のような検索結果画面が表示されます。赤枠で囲った部分がPPC広告になります。検索されたキーワードに関連した広告が表示されるようになっています。(画像をクリックすると拡大します。)





1クリックあたり数円~数百円支払うことで、自分のアフィリエイトしたい商品に関心がある人だけをサイトに誘導できるので、高い成約率が見込めます。支払ったクリック金額よりも得られたアフィリエイト報酬の方が高ければ黒字となります。



一般的に、検索エンジンで1ページ目に自分のサイトを表示させるには数週間~数カ月はかかります。しかしPPC広告を打てば、あっという間に1ページ目に自分のサイトを露出させることができるわけです。



赤字や広告の審査などのリスクはありますが、スピードという点で非常に優れているため、実践者が多く人気のある手法です。もちろん、広告費に投資をできる金銭的余裕がある人向けです。



ブログアフィリエイト


ブログを使ってアフィリエイトを行います。サイトを作成するスキルがあまり必要とされず、更新も容易なことから敷居が低く、人気のアフィリエイト手法です。



初心者の方はseesaaブログやFC2ブログなどの無料ブログから始める方が多いですが、無料であるがゆえに常に削除リスク(規約に抵触した等の理由でブログ自体が消されてしまう)がつきまいますし、できることも制限があります。



なので、自分でサーバーを借りて、MTやワードプレスなどを使用して独自ドメイン(~.com)でブログを運営するようになる人が多いです。



サイトアフィリエイト


ブログ形式ではないHTMLサイトと呼ばれるものを作成し、アフィリエイトを行います。検索エンジンに高く評価されるというのが定説で、特にASPアフィリエイターはHTMLサイトを多数保有しています。



最低限のHTML(サイトを作成するためのプログラム言語)くらいは知っておきたいところですが、現在ではブログ感覚で簡単にHTMLサイトを作成できるツールが普及しているので、身構える必要はまったくありません。



メルマガアフィリエイト


主にメールマガジンでアフィリエイトをする手法。他の方法と決定的に異なるのは、メルマガ読者のメールアドレス(=リスト)を所有している点です。



検索エンジンやASPなど、特定のシステムに依存することがないので、いきなり収入が激減あるいはゼロになるリスクはほぼありません。



リストの管理さえしっかりしておけば、自分の好きなタイミングで、自分が好きな商品のアフィリエイトを仕掛けていくことができるため、非常に安定しています。



ネットでご飯を食べていくつもりなら、いつかは必ず導入するアフィリエイト手法です。



【売るものによる分類】
一般的な呼称 特徴

物販アフィリエイト


化粧品であったり、家電であったり、健康用品であったり・・・。実体ある「モノ」をアフィリエイトします。



エステ等のサービス系で成約を狙うアフィリエイトや、資格や保険などの資料請求系のアフィリエイト、あるいは情報商材アフィリエイト等と区別するときに使われる用語です。



A8などの主要ASPの他、楽天やアマゾン、ヤフーショッピング等で扱っている無数の商品をアフィリエイトできるため、ライバルがいない場所を探しやすく、成果が上げやすいのが特徴です。



情報商材
アフィリエイト


情報商材とはインフォトップなどで取り扱っている「買わないと中身が分からない E-BOOK」(最近では動画や音声も多い)のことです。書店に並んでいる一般的な書籍と比べ、以下のような特徴があります。



・秘匿性が高く実践的なノウハウを提供している。
・販売者から丁寧なサポートを受けられるものがある。
・頻繁にバージョンアップされる。
・ツールやファーラム等、作業を補助する特典がついていることがある。
・一般書籍では採算が取れないようなマニアックなジャンルのものもある。
・飽和しないよう販売数が限定されているものがある。
・段階的に値上げされていくものもある。



情報商材はアフィリエイト報酬が1件につき数千円から数万円と高いため、人気があります。ただ、物販に比べて、成約させるのが難しく、様々な作業やスキルが要求されます。



アダルトアフィリエイト


そのまんま、ですね。月額会員の獲得や、単発コンテンツの販売によってアフィリエイト報酬を得ます。



一説によると、非アダルトの2倍くらいは稼げるとか。・・・すいません、実践してないので確証はありません。



ここで紹介して良いものかどうか迷いましたが、おそらく成果は出やすいでしょうし、特に男性の場合、興味を持たれる方も多いと思い、掲載しておくことにしました。



ノウハウは確立しているようですし、業界自体成熟しており、ASPなどの環境面も整っているので、ビジネスチャンスとして頭の隅に入れておいて下さい。





こうして列挙してみると、けっこうな数がありますね。



本当は具体例なんかを挙げながら、もっと詳しく解説したいのですが、
そうすると、ものすごいボリュームになってしまって、
肝心の「この中から何を選ぶか」にたどり着く前に
多くの読者が逃げてしまう気がしてならないので・・・



今回は「アフィリエイトってこんな種類があるんだ~」
という程度の認識をもってもらえれば、OKです。




ふぅ~・・・。やっと本題に入れます。



いよいよ、「結局、私、何をすればいいの?」というお話をさせて頂きます。
>> 「何から始めればいいのか?」カテゴリTOPに戻る
>> ブログTOPページに戻る